【終了】5/30-7/27 ストリートアーティスト・アカデミー2017夏期 ストリートの感動の作り手来れ!

共同通信

街に、世界に、誰も見たことのない景色をつくりにいこう。
街の雰囲気を変え、行き交う人々に感動を与えてくれるストリートパフォーマーを生み出すこと、レベルアップをしたいと考えているパフォーマーを支援することを目的に「ストリートアーティスト・アカデミー」を開講いたします。
2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催と、さらにその先を見据え、東京都は「東京ブランド」の確立に向けて、「東京のブランディング戦略」を取りまとめました。世界中から注目されるここ東京では、劇場を飛び出した、人々の行き交う野外を舞台にしたアートの創造が、ますます必要とされています。
ストリートアーティストこそ、街にアートのある景色を生み出し、街に訪れる人々に感動を与える一番身近な存在なのです。ストリートという舞台で感動を作り出す、我こそはと思うアーティストの皆様の参加をお待ちしています。【受講無料、募集定員30人、4月25日(火)応募締切】

【監修】
橋本隆雄(大道芸プロデューサー)
音楽・演劇の企画制作プロデューサーを経て、大道芸フェスティバルプロデュースの第一人者として、野毛大道芸、ひたち国際大道芸、三茶DE大道芸など数多くのフェスティバルに関わる。 2002年より東京都ヘブンアーティスト計画審査員、 愛知万博東京都プロデューサー、日本テレビART DAIDOUGEI審査員などに携わり、現在も国内外の大道芸フェスティバルを年間約20以上手掛け、世界を渡り歩く。2003年、東京都文化功労者受賞、2014年、芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞。

【講師】
ちゅうサン
1988年劇団「汎マイム工房」に入団(1989年まで)。マイムを学びながらイベント活動を始める。以後、大ホールから路上まで、屋内屋外を問わず、様々な場所でパフォーマンス活動を展開。テレビCM、ドラマ、バラエティー、教育ビデオ、映画等にも出演。1998年には、サルバドール神山とコンビで組んだ「パントマンガ」で、「大道芸ワールドカップin静岡‛98」のワールドカップ優勝。

サンキュー手塚
早稲田大学在学中に、ハッピイ吉沢の主宰する「パントマイム舞☆夢☆踏〈まいむとう〉」に入団、パントマイムを学ぶ。既成のパントマイムの枠を超えた斬新な発想で、都内歩行者天国や各地の大道芸フェスティバルにて活躍中。現在では、日本だけでなく世界にもその活躍の場を広げている。1999年には「大道芸ワールドカップin静岡‛99」のワールドカップ優勝

村松卓矢
1993年、大駱駝艦入艦。麿赤兒に師事。2006年、文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員としてアメリカに滞在。2014年、アメリカ・ジェイムズ・マジソン大学舞踊学科にて特別講師、日本女子大学と東京工業大学のゼミ合宿にて舞踏講師を務める。2014年3月、『神なき国の騎士』(野村萬斎演出)の振鋳監修として参加。その他、国内のみならず海外のダンス・カンパニーでも振付・演出を行っている。

我妻恵美子
1999年、大駱駝艦入艦。2006年『天体のズー』、2010年『煩悩カケル』といった自らの振付・演出作品を東京吉祥寺にある大駱駝艦のスタジオ・壺中天で発表。2014年、『肉のうた』を発表。2015年第46回舞踊批評家協会・新人賞を受賞。2015年パリ日本文化会館にて上演。大駱駝艦のみならず、劇団3OO『ゲゲゲのゲ』(渡辺えり作・演出)に舞踏振付担当として参加、『狂風記』(塩見哲演出)、『風回廊』(渡辺えり作・演出)
『神なき国の騎士』(野村萬斎演出)等へ出演し各方面から注目されている女性舞踏手の一人である。

イベント名 ストリートアーティスト・アカデミー2017夏期
主題 ストリートの感動の作り手来れ!
期日 2017年5月30日(火)~7月27日(木) 火曜日と木曜日の12:00~16:30(予定)
場所 東京芸術劇場リハーサルルーム東京都豊島区西池袋1-8-1 東京都
お問い合わせ 東京芸術劇場 事業企画課 事業調整係
03-5391-2116
http://www.geigeki.jp/performance/event169/
カテゴリ

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 体験型
  • 友達同士
  • 場所
  • 東京
  • 楽しみ方
  • 無料
  • 終了
  • 芸術