【終了】4/28-5/7 ʻ17 ⾷博覧会・⼤阪 ⽇本の祭り・⽇本の味くらべ

共同通信

⾷博は、1985 年から 4 年ごとに「宴」を基本テーマに、⾷関連産業の振興と⾷の流通促進、⾷の国際交流による⾷⽂化の向上を⽬指して開催しており、過去 8 回の開催で延べ 480 万⼈以上の⽅々にご来場いただきました。
「ʻ17 ⾷博覧会・⼤阪」は、和⾷がユネスコの無形⽂化遺産に登録されてから初めての開催となることから、「⽇本の祭り・⽇本の味くらべ」を開催テーマに、国内は もちろん、世界の国や地域へ⽇本の「おもてなしの⼼」と「元気」をお届けする「宴」 として、⽇本各地の地域資源である「⾷」と「祭り」の魅⼒を広く発信します。【⼤⼈(⾼校⽣以上)当⽇2,200円、⼦供(⼩中学⽣)当⽇1,100円 】

【日本の祭りライブステージ】
入場されたお客様を「日本の祭りライブステージ」でお出迎えします。ここでは、会期中10日間、北は北海道、南は九州・沖縄まで、日本各地の祭りが臨場感いっぱいに繰り広げられ、来場者も参加して楽しめる元気いっぱいの祭り広場とします。

【宴テーマ館】
ユネスコ無形文化遺産にも登録を果たし、今や世界でも人気の「和食」を来場者の皆様に体感していただきます。豊かな四季がもたらす自然に寄り添って生きてきた日本人の精神を見つめ直し、和食という素晴らしい食文化を再発見する機会を提供します。
①大迫力の東北3大祭り
②伝統の和食を味わえる「宴茶房」
③うま味バーで和食の基本を!
④呈茶席で日本の心に触れよう
⑤料理コンクールでプロの技を実感

【日本の味くらべ館】
食博の人気企画「ふるさと街道」は、各地の自治体が出展し、郷土食や特産品を始め、地域色溢れるトークまで、当地の空気感をも楽しんで頂けるコーナーです。また、北前船により、さまざまな産物が大坂へ運ばれた様子を紹介、「天下の台所といわれた大阪」その歴史背景を食博らしく表現します。
①北前船寄港地の味を楽しもう
②全国のおいしいものを味くらべ「ふるさと街道」
③ご当地キャラクターが大集合!
④サントリー ザ・プレミアム・ファクトリー

【新食館】
①食育ステージ 体験プログラム
 1)点天体操&こどもぎょうざ教室』
 2)大阪の農業系高校5校とのコラボイベント
 3)大野勇太 食育コンサート
 4)験プログラム 日本赤十字社防災体験
②大規模な企業PRブースが登場
 1)大阪ガスや関西電力のブースでは調理体験や無料の試食も楽しめます
 2)関西電力「はぴeカフェ」
 3)キリンビール 地元限定の一番搾りを、その地元の料理と楽しもう!
 4)リーガロイヤルホテル シェフおすすめのお料理とテイクアウト商品が勢揃い

【UTAGE館】
フードとドリンク、そしてエンターテイメントが融合する上質な大人の空間を演出します。ビール、ワイン、日本酒、焼酎などの飲みくらべや、定番料理、創作料理、フィンガーフード、デザートとの合わせ技の妙(マリアージュ)が体験できます。
①洗練された大人のステージ
 1)OSK Revue Café(OSK日本歌劇団)
 2)宝塚OG "スパークリング・マルシェ"によるライブステージ
 3)関西コレクションアカデミー ファッションショー&ダンスパフォーマンス
 4)琳派ロック
 5)MASAKI 極上のマイケルショー『MDP Masaki & the MJ crew〜 MJ favorite Live digest』
 6)ひとくち餃子 点天 presents『四季〜箏とダンスの饗宴』
 7)Neighbors complain(ネイバーズコンプレイン)
 8)カルメラ

【食博楽市】
この「食博楽市」では日本と世界の「バラエティ豊かな食の楽しみ」を提供します。巷で人気の食フェスもやって来る予定です。さらに、大型の飲食席もご用意し、様々な味の共演をゆっくりとお楽しみ頂くことができます。
①食博楽市で楽しめる各地の食をご紹介!
 1)ジャーマンビアフェスト
 2)日本唐揚協会主催 からあげ祭
 3)全国ご当地どんぶり博!
 4)味力発掘北海道
 5)アサヒビール株式会社
 6)サッポロビール

【屋外広場】
館外でも、開放感あふれるBBQエリアや、楽しいデザインのキッチンカーなどが勢揃いし、様々な食のシーンを来場者の皆様に楽しんでいただける会場となっています。
①大人気のBBQエリア
②キッチンカーが勢ぞろい

イベント名 【終了】4/28-5/7 ʻ17 ⾷博覧会・⼤阪
主題 ⽇本の祭り・⽇本の味くらべ
開催日

2017年4⽉28 ⽇(⾦)〜5⽉7⽇(⽇)11:00〜20:00(最終⽇は19:00まで)

会場 インテックス⼤阪(⼤阪国際⾒本市会場/南港)
お問い合わせ ⾷博覧会実⾏委員会
06-7668-0377
http://www.shokuhaku.gr.jp/

カテゴリー

  • 近畿
  • beyond60
  • テーマ
  • 体験型
  • 健康
  • 友達同士
  • 国際
  • 土日祝日
  • 場所
  • 外国語可
  • 大阪
  • 家族向け
  • 復興
  • 楽しみ方
  • 産業
  • 終了
  •  2020年東京五輪・パラリンピックに向け、中高生らが大会機運を高めるための文化プログラムを取材しジャーナリスト体験をする「文化プログラムプレスセンター」が2017年5月5日、大阪市内で開かれた「'17 食博覧会・大阪」でスタートした。
     参加したのは四天王寺高校の新聞部メンバー3人。講師役の記者から取材方法の講義を受け、広大な会場いっぱいに展開された食文化のあれこれをペンやメモ帳、カメラを手に取材、関係者インタビューし、見事な"曼荼羅新聞"にした。(取材の結果をまとめた記事は以下の通り)

    ☆「四天王寺高等学校新聞」(四天王寺高等学校新聞部)
    shokuhaku_shitennojiko2017_2.jpg