【終了】4/22-8/20 乙女の文学展~石川ゆかりの作家の少女向け読み物~ (応援文化オリンピアード)

共同通信

明治後期に生まれ、昭和に至まで隆盛を誇った少女雑誌。おしゃれや可愛いものに惹かれる日本の少女たちに夢を与える一方で、文豪らも詩や小説を寄せるなどして、女性の教養を育んだ一面もありました。当時の女学生らの生活を紹介しつつ、室生犀星、徳田秋声、竹久夢二、橘外男から唯川恵まで、石川ゆかりの作家の少女向け作品を中心に、少女読み物の成果を紹介いたします。
 当館設立の功労者の一人である川端康成の少女小説に注目し、「乙女の港」「歌劇学校」など、中原淳一が描いた美しい少女小説の挿絵原画34点を展示いたします。【一般360円、大学生290円、高校生以下無料】

【主な展示物】
中原淳一画「乙女の港」(ヒマワリ社)
表紙原画(株式会社ひまわりや蔵)
「少女画報」明治45年新年号付録
パラダイス双六(金沢湯涌夢二館蔵)
中里恒子自筆草稿「乙女の港」(神奈川近代文学館蔵)

【ワークショップ】
「豆本でつくる乙女の詩集」=2017年8月8日(火)14:00~ 
 講師 若井将代氏(豆本工房わかい)
 対象 小学生以上(小学生は保護者同伴)
 参加費 500円(材料費)

【朗読会】 定員40人 参加費無料・申込不要
「花物語」より (吉屋信子作)=2017年7月8日(土)14:00~ 
 朗読 所村佳子氏(K-CAT)
 花をモチーフにした名作短編少女小説集から「鈴蘭」「白萩」「野菊」「緋桃の花」を取り上げます

【主催】石川四高記念文化交流館、石川近代文学館

イベント名 【終了】4/22-8/20 乙女の文学展~石川ゆかりの作家の少女向け読み物~
主題 (応援文化オリンピアード)
開催日

2017年4月22日(土)~8月20日(日)

会場 石川近代文学館(金沢市広坂2-2-5)
お問い合わせ 石川近代文学館
076-262-5464

カテゴリー

  • 中部
  • テーマ
  • 友達同士
  • 場所
  • 家族向け
  • 楽しみ方
  • 石川
  • 終了
  • 芸術