2/9-25 第10回恵比寿映像祭 インヴィジブル 映像の見方の歴史を考察

共同通信

芸術は、目に見えないものを見えるようにすることで、見る側を刺激し、新しい対話をうみだしてきました。一方、光学技術によって誕生した写真や映像は、見えないものを見えるようにするのみならず、実際には存在し得ない対象まで可視化してきました。とりわけ、現実世界をそのまま映し出すことが難しかった発明当時において、映画は、魔術や幽霊のような存在としても受け止められましたが、映像が日常に浸透している21世紀の現在において、誰も映像を魔術や幽霊と考えることはありません。むしろ、大量のイメージがあふれる現代は、何が現実をあらわしているかが、見えにくい時代にもなっています。
映像は、光と影によってイメージを映し出すメディアであり、世界を光によって照らし出す一方で、同時に、可視化できない現実を浮かび上がらせる特性をもちます。映像が潜在的に表現してしまう、この不可視性=「インヴィジブル( 見えないもの)」を総合テーマにすることで、映像の見方の歴史を考察し、現代における「インヴィジブル」を読み解くことから、未来の可能性を探っていきます。【入場無料、※定員制のプログラム(上映、ライブ、レクチャーなど)は有料】

イベント名 2/9-25 第10回恵比寿映像祭 インヴィジブル
主題 映像の見方の歴史を考察
期日 2018年2月9日(金)~2月25日(日)10:00~20:00(最終日は18:00まで)※2月13日(火)・19日(月)は休館
場所 東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所 ほか 東京都
お問い合わせ 東京都写真美術館
03-3280-0099(代表)
カテゴリ 上映会 展覧会

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 上映会
  • 友達同士
  • 場所
  • 夜間
  • 展覧会
  • 東京
  • 楽しみ方
  • 無料
  • 終了
  • 芸術