ボクらのブリック! 映画の街ならではの作品

共同通信

 幼い時、誰もが一度は遊んだことのあるレゴのブロック。複雑かつ繊細にパーツを組み合わせることによって、アート作品に生まれ変わります。
 同ブロックは、よく目にする長方形をはじめ、土台となるシート状のプレートや"フィグ" と呼ばれる人や動物のミニチュアなど10,000 種類以上のパーツが存在します。これらのパーツが計算と偶然によって複雑に組み合わさり、作品が出来上がっていくのです。
 本展では、日本人初のレゴの 認定プロビルダーとなった三井淳平氏の新作をはじめ、国内で活動するビルダーによる、車や電車、「映画のまち調布」ならではの作品などを紹介します。【入場無料】

【みどころ】
●調布のオリンピック競技場が登場
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催会場「東京スタジアム~武蔵野の森総合スポーツセンター」の周辺の街並みを三井淳平氏が同ブロックで制作し、新作として本展で発表いたします。会期後には市内施設を巡回し、市内各地でも多くの市民の目に触れ、2020年に向けて盛り上げていきます。
●関連イベントも盛り沢山
身近な玩具を使ったアート体験をとおして、子ども達には芸術は自分たちの身近にあることを実感してもらうことを目的に、同ビルダーによるワークショップ12回、同ブロックでできた電車の壮行会、作品の公募展も行います。

【主催】公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団、調布市

イベント名 ボクらのブリック!
主題 映画の街ならではの作品
期日 2018年2月3日(土)~3月21日(水・祝)10:00~18:00(※2月24~27日休館)
場所 調布市文化会館たづくり東京都調布市小島町2-33-1 東京都
お問い合わせ 調布市文化・コミュニティ振興財団たづくり事業課
042-441-6150
カテゴリ 展覧会

カテゴリー

  • 関東
  • イベント分類
  • テーマ
  • 場所
  • 家族向け
  • 展覧会
  • 東京
  • 楽しみ方
  • 無料
  • 芸術