台湾・日本芸術文化交流事業

「台湾・日本芸術文化交流事業」は、東京藝術大学と台湾文化部の共催による新たな芸術文化交流事業として、新しい芸術表現の可能性を探り、次世代の芸術家を育成し、文化交流の促進を目的として2013年に発足した。6回目となる本事業は、引き続き東京藝術大学を会場とする。
展示では『台湾写真表現の今〈仮称〉』と題して台湾における現代写真の最先端で活躍するアーティストの紹介を通して、日本と台湾の文化を比較して双方の文化の魅力を発信する。会場に中国語スタッフを配置し、中国語サインを設置する。展示期間中シンポジウムを行い、台湾文化を題材として双方の文化を比較することで、文化発信を行う。オープニングレセプションでは、本学邦楽科教授と学生による邦楽演奏を行い、我が国伝統芸能の紹介を行う。成果物であるカタログは英語併記で作成する。

イベント名 台湾・日本芸術文化交流事業
期日 2018/9/13(木)~2018/9/30(日)
場所 東京藝術大学
〒110-8714 東京都台東区上野公園12−8
東京都
お問い合わせ
カテゴリ beyond2020 シンポジウム
外国語対応 英語, 中国語

カテゴリー

  • 関東
  • beyond2020
  • シンポジウム
  • テーマ
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了