滋賀県立近代美術館所蔵 小倉遊亀 絵筆にこめた愛

1895年(明治28年)滋賀県大津市に生まれた小倉遊亀(おぐら・ゆき)は、奈良女子高等師範学校(現在の奈良女子大学)に学び、教職に就くものの、絵に対する情熱絶ちがたく、25歳にして安田靫彦に師事、日本画家としての道を歩み始めた。31歳で院展に初入選し、以後毎年入選を重ねて、画家として揺るぎない地歩を固め、独自の日本画を切り拓いた。作品に見られる、やさしいまなざしで捉えた静物や人物、とりわけ家族の姿は、慈愛に満ち、画家が2000年に105歳で逝去したのちも、今日まで多くの人の心をひきつけてやまない魅力を放っている。本展は、画家の故郷にある滋賀県立近代美術館の全面的な協力を得て、その珠玉の名品約50点によって、初期から晩年にいたる画業の全貌を紹介する特別展である。

イベント名 滋賀県立近代美術館所蔵 小倉遊亀 絵筆にこめた愛
期日 2018年4月14日~2018年6月10日 9時30分~18時 
※観覧券の販売は午後5時30分まで
※休館日:月曜日(ただし4月30日は開館)
場所 新潟市美術館
〒951-8556 新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
新潟県
料金 一般前売 800円
一般当日 1000円(800円)
大学生・高校生 800円(600円)
中学生以下無料

※( )内は団体(20名以上)・リピーター割引料金
※障がい者手帳、療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料(受付でご提示ください)
主催者名 小倉遊亀展実行委員会(新潟市美術館、BSN新潟放送)
お問い合わせ 新潟市美術館
025-223-1622
http://www.ncam.jp/
カテゴリ beyond2020 beyond2020(新潟市) 展覧会 新潟市 美術
バリアフリー対応 車椅子
想定する入場者数 5000~10000人
備考 画像:兄妹 1964年 滋賀県立近代美術館蔵

カテゴリー

  • 中部
  • beyond2020
  • beyond2020(新潟市)
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 新潟市
  • 楽しみ方
  • 美術