ノスタルジア展

ノスタルジアをテーマに心の詩を描き続けた画家・竹久夢二(1884-1934)の世界をご紹介いたします。
竹久夢二は数え年で16歳までをふるさと岡山で過ごし、離れたふるさとへの想いを胸に描き続けた郷愁の画家とも称されています。その作品にはふるさとの情景、また失われゆく日本情緒、ほろびゆくものへの想いなどが表現され、現代を生きる私たちにも懐かしさを感じさせます。
このたび、歴史学者の磯田道史氏愛蔵の竹久夢二作品《少年の図》を特別公開し、大正ロマンただよう肉筆作品を中心に、雑誌、楽譜などもあわせて展観いたします。
また、春の特別展示として大正、昭和初期の人々の一年を描いた二双一隻屏風《十二ヵ月絵暦》、桜の花びら舞う中で遊ぶ舞妓たちを描いた軸作品《桜下五美人》を公開いたします。

イベント名 ノスタルジア展
期日 2018年3月21日(水)~6月24日(日) 9:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
場所 夢二郷土美術館
〒703-8256 岡山県岡山市中区浜2-1-32
岡山県
料金 入館料 :大人 800円 中高大学生 400円 小学生 300円
主催者名 (公財)両備文化振興財団 夢二郷土美術館
お問い合わせ (公財)両備文化振興財団 夢二郷土美術館
(086)271-1000
yumeji@gaea.ocn.ne.jp
公式ホームページ http://yumeji-art-museum.com/
カテゴリ 展覧会
外国語対応 英語, フランス語
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 中国・四国
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了