女性の演じる組踊

戦後、組踊は多くの女性舞踊家によって、その技芸が継承されてきました。本公演では、現在の組踊の礎を築いた先達演者の薫陶を受けつつ、多くの舞台で、若衆・女役として主演を務めた、佐藤太圭子、古謝弘子の両氏を演出に迎え、組踊の名作二題を上演。
 女性が演ずることで、作品の魅力がより引き立つ演目を選定、女性実演家を起用し、技芸の継承を図るとともに、女性ならではの視点から演出を試み、組踊の新たな可能性を探ります。

イベント名 女性の演じる組踊
期日 2018/6/9
場所 国立劇場おきなわ
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4-14-1
沖縄県
出演者・アーティスト情報 【第一部】仲程沙耶花、宮城愛佳、玉城盛義、平田智之、玉城匠
【第二部】皆川律子、饒波園代、比嘉一惠、孤島丘奈、仲本久乃、山城亜矢乃
料金 入場料:3,100円
主催者名 国立劇場おきなわ運営財団
お問い合わせ 098-871-3311
info@nt-okinawa.or.jp
http://www.nt-okinawa.or.jp
カテゴリ beyond2020 beyond2020(文化庁) 公演
バリアフリー対応 車椅子
想定する入場者数 339人

カテゴリー

  • 九州・沖縄
  • beyond2020
  • beyond2020(文化庁)
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方