講演会シリーズ「江戸から学ぶ」連続講座第1回 上野の山から江戸がみえる―町づくりと大工棟梁―

上野の山が京都をモデルとしたことは、よく知られています。
比叡山延暦寺-東叡山寛永寺、琵琶湖-不忍池・・。
江戸の町も、都市計画から建築まで、すべて京を理想としました。
それを担った大工棟梁も、京の流れをくむ人々でした。
しかし、やがて江戸独自の文化や建築をつくりあげてゆきます。
そのダイナミックな展開を、屏風絵や実際の建築から解き明かします。

イベント名 講演会シリーズ「江戸から学ぶ」連続講座第1回 上野の山から江戸がみえる―町づくりと大工棟梁―
期日 2018年7月1日(日曜) 14時~16時(開場13時30分)
場所 上野区民館 4階多目的ホール(台東区池之端1丁目1番12号) 東京都
出演者・アーティスト情報 波多野 純
<略歴>1946年、神奈川県生まれ。日本工業大学名誉教授(前学長)、波多野純建築設計室代表。工学博士。『江戸城Ⅱ』で建築史学会賞。「ネパールにおける仏教僧院の保存修復」で日本建築学会賞(業績・共同)。
料金 無料(事前申込制)
主催者名 台東区
お問い合わせ 台東区文化振興課
03-5246-1153
https://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/torikumi/edo/edokaramanabu.html
カテゴリ 講演
備考 【定員】100名(事前申込制) ※応募者多数の場合は抽選になります。
【申込方法】上記webサイトをご覧ください。
【申込締切日】6月13日(水曜)必着

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了
  • 講演