華やかなフランス・ポスター ベル・エポックを中心に

19世紀末から20世紀前半にかけてのフランスはポスター生産の中心地で、卓越した多色石版技術でヨーロッパを席巻したジュール・シェレを始め、トゥールーズ=ロートレックやミュシャ、カッサンドルからサヴィニャックまで名だたるデザイナーたちを輩出してきました。街じゅうに貼られるポスターはパリの風物詩であると同時に、パリの風俗を色鮮やかに伝えてくれる証言でもあります。この展覧会では、19世紀末のアール・ヌーヴォーから1920年代のアール・デコまでのベル・エポックのポスターを中心に、商品や観劇、博覧会や戦争といった時代の諸相を切り取った鏡としてのポスターを紹介いたします。

イベント名 華やかなフランス・ポスター ベル・エポックを中心に
期日 2018年6月25日~2018年8月11日 午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:日曜日・祝日(但し、8月11日〔土・祝〕は開館)
場所 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
〒606-8585 京都府京都市左京区松ヶ崎御所海道町
京都府
料金 入館料:無料
主催者名 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
お問い合わせ 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
075-724-7924
http://www.museum.kit.ac.jp/
カテゴリ 展覧会
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方