発掘された日本列島2018(東京会場)

「発掘された日本列島」展は、全国で年間8,000件行われている埋蔵文化財の発掘のうち、全国的に注目を集めた遺跡の出土品や、展示開催館が所在する周辺地域における出土品等を展示することにより、その意義と重要性について理解を深めることを目的として開催するものです。東京都江戸東京博物館では、全国で実施されている発掘調査成果に関する速報展示と「特集 装飾古墳を発掘する!」と題し、東日本大震災や平成28年熊本地震で被災した装飾古墳に関する特集展示と行います。また、地域展示「東京郷土陳列館と考古学」として、当館のルーツでもある東京郷土陳列館を紹介し、当時の東京市における博物館活動と考古資料展示の一端を探る展示を行います。

イベント名 発掘された日本列島2018(東京会場)
期日 平成30年6月2日(土)~7月22日(日)
場所 東京都江戸東京博物館
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
東京都
主催者名 文化庁、東京都江戸東京博物館、東京新聞、全国新聞社事業協議会
お問い合わせ
カテゴリ beyond2020 beyond2020(文化庁) 展覧会
外国語対応 英語

カテゴリー

  • 関東
  • beyond2020
  • beyond2020(文化庁)
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了