特集展示「新収品展」

平成22(2010)年から平成29(2017)年3月末までに当館が収集した美術品・文化財の一部を展示します。
当館では旧平常展示館建替などのため、購入やご寄贈によって収蔵品となった作品を、まとまったかたちでお見せする機会がありませんでした。このたび満を持して、当館の新たな宝をご紹介いたします。なんといっても7年分ですから、盛り沢山の内容です。国宝「漢書楊雄伝第五十七」や、尾形光琳と乾山の合作である重文「銹絵寒山拾得図角皿」など、バラエティに富んだ名品の数々をお楽しみください。

イベント名 特集展示「新収品展」
期日 2018年6月12日 ~ 2018年7月16日
火~木・日曜日:午前9時30分から午後5時まで
金・土曜日:午前9時30分~午後8時まで
7月の金・土曜日:午前9時30分~午後9時まで
(入館はいずれも閉館の30分前まで)
休館日:月曜日
*ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。
場所 京都国立博物館 平成知新館 京都府
料金
一 般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
( )内は団体20名以上
主催者名 京都国立博物館
お問い合わせ 京都国立博物館
075-525-2473
http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/new_2018.html
カテゴリ beyond2020 展覧会
外国語対応 英語, 中国語, 韓国語
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 近畿
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方