特別展「工芸継承-東北発、日本インダストリアルデザインの原点と現在」

漆工芸、木工、組みものをはじめ、わたしたちの日常を彩る工芸品は、美しさと機能性をそなえています。特別展「工芸継承-東北発、日本インダストリアルデザインの原点と現在」では、日本のインダストリアルデザインの原点でもある商務省国立工芸指導所の活動に着目し、脈々と継承される伝統の技と洗練されてゆくデザインの奥深さを紹介するとともに、ここで培われた素晴らしいデザイン力や技術力を次の世代にどのように継承するのかについて考えます。

イベント名 特別展「工芸継承-東北発、日本インダストリアルデザインの原点と現在」
期日 2018年9月13日(木)~11月27日(火)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜日
場所 国立民族学博物館
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
大阪府
料金 一般830円 高校・大学生450円 中学生以下無料
観覧料割引についてはホームページでご確認ください。
主催者名 国立民族学博物館
お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 展示企画係
06-6876-2151
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20180913kougei/index
カテゴリ 展覧会 関西元気文化圏
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 関西元気文化圏