鎌鼬の里芸術祭2018

重要無形文化財の数で日本最多を誇る秋田県の民俗芸能を国内外の観客に披露することで民俗芸能の保存、活用を図る。土方巽の舞踏を学ぶために、昨年も海外から多くのダンサーが参加したが、今年も舞踏ワークショップを実施しつつ、日本の舞踏家と海外のダンサーの競演を行い、舞踏の広がりを見てもらう。ジャズグループ「騒乱武士」のライブで会場に大きな一体感を醸成する。現代詩を代表する人気詩人吉増剛造が語り朗読する。写真をめぐるシンポジウムも初めて実施し、「鎌鼬の里」の写真家細江英公の写真をめぐって現代日本を代表する写真家と評論家でトークする。また今年は土方巽の記念碑的公演「土方巽と日本人~肉体の叛乱」から50年であることから、その意義と成果を展示公開する。 昨年好評で会った田んぼでの稲刈り、自然乾燥のための稲架(ハサ)掛け作業のワークショップも行う。なお昨年に続き今年も通訳スタッフを配置するとともに英文の会場案内パンフレットを準備する。

イベント名 鎌鼬の里芸術祭2018
期日 2018/9/17(月)~2018/9/23(日)
場所 羽後町総合交流促進施設(旧長谷山邸)並びに鎌鼬美術館 秋田県
主催者名 特定非営利活動法人鎌鼬の会
お問い合わせ 特定非営利活動法人鎌鼬の会
09058338893
カテゴリ beyond2020 シンポジウム ワークショップ 公演 展覧会

カテゴリー

  • 北海道・東北
  • beyond2020
  • シンポジウム
  • テーマ
  • ワークショップ
  • 公演
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方