旧庄内藩主酒井家美術資料展

徳川四天王の一人・酒井忠次を祖とする酒井家は、江戸初期の元和8年(1622)に藩主として入部。以来250年近く地域の領国経営をしてきた。大名酒井家に伝来してきた様々な美術工芸品、歴史資料等を展示紹介、展示することが少ない文化財や資料を鑑賞する機会を提供するとともに、郷土学習の一助とする。
会場の致道博物館は、多目的トイレが整備されており、障害者も参加しやすい取組みである。

イベント名 旧庄内藩主酒井家美術資料展
期日 2019年3月15日(金)~2019年4月15日(月)
場所 致道博物館
〒997-0036 山形県鶴岡市家中新町10-18
山形県
主催者名 公益財団法人致道博物館、公益財団法人山形県生涯学習文化財団、鶴岡市教育委員会、山形県
お問い合わせ 致道博物館
0235221199
http://www.chido.jp/
カテゴリ beyond2020 展覧会
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 北海道・東北
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方