ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

皆さんは1980年代という時代に、どんな記憶やイメージをお持ちですか。
インターネットも携帯電話も普及していなかった不便で未成熟な時代?それとも好景気に沸き、日本人に自信と活力がみなぎっていた時代?そんな時代の現代美術をふり返るのが本展覧会です。
美術は時代を映し出す鏡のような存在ではないでしょうか。当時の美術を見ることで、私たちはその時代の人々が何を考え、何を楽しみ、社会をどのように捉え、人生をどう生きていたのかを知ることができます。そして、それは今を生きる私たちに、きっと多くの示唆を与えてくれることでしよう。
本展に出品される65名の作家による約100点の作品は、各々がそうした時代の息吹きを深く湛えながら、生き生きとしたメッセージを私たちに語りかけてくれるに違いありません。どうぞ、その声に耳を傾けていただきながら、皆さんにとっての1980年代像を作り上げてみてください。

イベント名 ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代
期日 2018年11月3日(土・祝)~2019年1月20日(日)10:00~17:00 ※金曜・土曜は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし、12月24日及び1月14日は開館し、翌日休館)、年末年始(12月28日(金)~1月4日(金))
場所 国立国際美術館
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
大阪府
料金 一般900円(600円) 大学生500円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金  
※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
※本料金で、同時開催の「コレクション2」もご覧いただけます。
※夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00―20:00)一般700円 大学生400円
主催者名 主催:国立国際美術館
協賛:ダイキン工業現代美術振興財団
助成:安藤忠雄文化財団
お問い合わせ 国立国際美術館
06-6447-4680
http://www.nmao.go.jp/exhibition/2018/1980.html
カテゴリ 展覧会
外国語対応 英語, 中国語, 韓国語
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 注目