日本遺産「ニッポンたからものプロジェクト小松公演」取材会

共同通信

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催を前に、中学生・高校生がジャーナリストとして文化を取材し、新聞・ルポにして発信する「文化プログラムプレスセンター」(文化庁など主催)の活動を下記の通り、実施いたします。取材対象は、日本遺産「珠玉と歩む物語」をテーマにした伝統芸能ライブ「ニッポンたからものプロジェクト小松公演」です。

対  象:地元の中学生・高校生
開催日時:
11月11日(日)13:15 那谷寺近くの施設に集合(※詳細は別途お知らせします)
13:15(5分)  取材会の趣旨説明(事務局)
13:20(5分)  文化プログラムの説明
13:25(15分) 小松の日本遺産の紹介・解説(小松市担当者)
13:40(30分) 取材方法などの講習
14:30(60分) 那谷寺で公演鑑賞
15:40(15分) 出演者への合同インタビュー
15:55(15分) アンケート記入、意見交換、感想会
16:10      解散
参加費:無料(当日はボランティア傷害保険で保証)
持ち物:ペン・メモ帳(ノート)など筆記具、カメラ、スマートフォンなど

☆参加は事前申し込み制です。参加希望の生徒の氏名、学校名、学年の情報とともに以下メール宛にご連絡ください。
11月8日(木)締め切りです
presscentre.net@kyodonews.jp


小松の歴史は、一帯で採掘される多彩な鉱石・宝石群と、それらを加工するさまざまな技術に彩られてきました。本公演では、多様に表現される石文化を題材に、若手の落語家、日本舞踊家、和楽器奏者たちが話芸や踊りや演奏を、11月の紅葉真っ盛りの那谷寺で披露します。鉱山労働者の作業歌を復活させた金山節の唄のほか、踊りが初お目見えします。
取材会参加の生徒の皆さんは、取材方法などに関する北國新聞社記者の講習を受けた後、公演を鑑賞し、出演者に合同インタビューをしていただきます。取材の成果を手作り新聞・ルポにまとめていただき、専用サイト(http://www.presscentre.net)に掲示、発信します。
文化プログラムプレスセンターは2020年東京大会に向けた公認文化プログラム(文化オリンピアード)に認証されています。皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

イベント名 日本遺産「ニッポンたからものプロジェクト小松公演」取材会
期日 2018年11月11日(日)13:15~
場所 那谷(石川県小松市那谷町ユ) 石川県
料金 参加無料
主催者名 文化庁など
お問い合わせ 文化プログラムプレスセンター事務局(共同通信社内)
presscentre.net@kyodonews.jp
http://www.presscentre.net
カテゴリ 取材会

カテゴリー

  • 中部
  • オリ・パラ
  • テーマ
  • 体験型
  • 友達同士
  • 取材会
  • 土日祝日
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 無料
  • 石川
  • 終了