日本遺産「ニッポンたからものプロジェクト新潟公演」取材会

共同通信

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催を前に、中学生・高校生がジャーナリストとして文化を取材し、新聞・ルポにして発信する「文化プログラムプレスセンター」(文化庁など主催)の活動を下記の通り、実施いたします。取材対象は、日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」をテーマにした伝統芸能ライブ「ニッポンたからものプロジェクト新潟公演」です。

対  象:地元在住・在学の中学生・高校生
日  時:12月1日(土)12:45 燕喜館(新潟市中央区一番堀通町1−2)集合
12:45(5分)  取材会の趣旨説明
12:50(10分) 文化プログラムの説明
13:00(15分) 日本遺産「北前船寄港地・船主集落」紹介・解説
13:15(25分) 取材方法などの講習
14:00(60分) 公演鑑賞
15:10(20分) 出演者への合同インタビュー
15:30(20分) 参加生徒の意見交換、アンケートなど
16:00      解散

参加費:無料(当日はボランティア傷害保険で保証)
持ち物:ペン・メモ帳(ノート)など筆記具、カメラ、スマートフォンなど

☆参加は事前申し込み制です。参加希望の生徒の氏名、学校名、学年の情報とともに以下メール宛にご連絡ください。
11月28日(水)締め切りです
presscentre.net@kyodonews.jp


江戸期から明治期にかけ北前船の日本海最大の寄港地だった新潟市は、花柳界が花開き、市山流日本舞踊は市井の文化と接点を持ちながら進化してきました。この街で育まれた「踊りの文化」を題材に、若手の日本舞踊家、和楽器奏者たちが新作を手掛け、国の重要文化財・燕喜館を舞台に披露します。地元の芸能として古町芸妓、永島流新潟樽砧伝承会も特別出演します。
参加生徒の皆さんには、取材方法などに関する新潟日報の記者による講習の後、公演を鑑賞の上で出演者の方々に合同インタビューをしていただきます。3週間をめどに取材の成果を手作り新聞・ルポにまとめていただき、専用サイト(http://www.presscentre.net)に掲示、発信します。
文化プログラムプレスセンターは2020年東京大会に向けた公認文化プログラム(文化オリンピアード)に認証されています。皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

イベント名 日本遺産「ニッポンたからものプロジェクト新潟公演」取材会
期日 12月1日(土)12:45~
場所 燕喜館(新潟市中央区一番堀通町1−2) 新潟県
主催者名 文化庁など
お問い合わせ 文化プログラムプレスセンター事務局(共同通信社内)
presscentre.net@kyodonews.jp
presscentre.net@kyodonews.jp
参加無料(事前申し込み制)
カテゴリ 取材会

カテゴリー

  • 中部
  • オリ・パラ
  • テーマ
  • 体験型
  • 友達同士
  • 取材会
  • 土日祝日
  • 場所
  • 子ども主役
  • 新潟
  • 楽しみ方
  • 無料
  • 産業