阿波の幕末刀

阿波の刀工では海部氏吉、安芸一門、吉川祐芳。阿波出身の刀工では長谷川吉廣(紀吉廣)。そして阿波にゆかりのある刀工は中島氏詮、土州住氏吉の作品が並びます。
今期話題の大河ドラマ「西郷どん」で登場するような長い作品も数多く、中には飛び抜けて長く迫力があり、幕末期の土佐人が好んで身に着けた「土佐の長刀」の展示もございます。刃長70センチから90センチ超えに亘る刀剣やその外装には迫力だけではない魅力がたくさん詰まっています。
特に、特別出品刀として展示している、薩摩の「示現流」の教えが如実に表れている「薩摩拵」は見応えがあります。是非この機会に大河ドラマと併せて、当時の刀剣やその外装をご覧ください。

イベント名 阿波の幕末刀
期日 2018/10/30(火)〜2019/1/27(日)
毎週月曜休館(月曜日が祝日の時はその翌日)、年末年始(12/28〜1/3)
場所 阿波海南文化村
〒775-0202 徳島県海部郡海陽町四方原字杉谷73
徳島県
料金 【入館料】大人300円、65歳以上150円、障がい者150円、高校生以下無料。その他クーポン等も対応。
その他とくしま文化の日、関西文化の日参加のため入館無料日「11/11(日),11/17(土),11/18(日)」があります。
主催者名 海陽町立博物館、海陽町教育委員会
お問い合わせ 海陽町立博物館
0884734080
kyoikuiinkai@kaiyo-town.jp
https://www.town.kaiyo.lg.jp/bunkamura/
カテゴリ 展覧会 講演
バリアフリー対応 車椅子
想定する入場者数 300

カテゴリー

  • 中国・四国
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 講演