金沢21世紀工芸祭

金沢21世紀工芸祭は、藩政期以来のものづくりが息づく石川県・金沢市にて開催する工芸祭です。金沢の街を工芸の集積・発信地となる「ポート(港)」にすることを目指し、約120のプログラムと200名をこえる工芸作家が関わる一大祭典です。①趣膳食彩(料理人と工芸作家の饗宴)、②金沢みらい茶会(「トラディショナル」と「コンテンポラリー」、ふたつのテーマで茶席を開催)、③金沢みらい工芸部(若手工芸作家の指導で、伝統工芸の技法に触れながら作家の活動や思いを体感)、④工芸回廊(町家での工芸作品の展示)、⑤金沢アートスペースリンク(市内ギャラリーでのアート作品の展示)の5プログラムを展開する。各パンフレットは英訳を付記し、また外国人がディレクターの茶会も開催し、外国人も参加しやすいよう配慮している。

イベント名 金沢21世紀工芸祭
期日 2018年10月11日(木)~2018年11月25日(日)
場所 金沢市内一円 石川県
主催者名 金沢市
お問い合わせ 金沢市
0762233580
カテゴリ beyond2020 その他 ワークショップ 展覧会 講座
外国語対応 英語

カテゴリー

  • 中部
  • beyond2020
  • その他
  • テーマ
  • ワークショップ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 講座