特別陳列 覚盛上人770年御忌 鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興

唐招提寺中興の祖と仰がれる覚盛上人は、鎌倉時代に西大寺の叡尊等とともに戒律復興運動の中心となった僧侶です。唐招提寺の長老としての在任期間はわずか5年でしたが、その後の寺勢興隆の礎を築き、建長元年(1249)5月19日に寿齢57で生涯を閉じました。後に後醍醐天皇より大悲菩薩の号を与えられています。本展は、覚盛上人の入滅した建長元年から、2019年でちょうど770年となるのを機に、上人の事績を顕彰するとともに、鎌倉時代の唐招提寺の様相に改めて光を当てる展覧会です。また、本展は英語・中国語・韓国語による題箋等により、海外の方にもより楽しんでいただける環境を提供します。

イベント名 特別陳列 覚盛上人770年御忌 鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興
期日 2019年2月8日(金)~2019年3月14日(木)
場所 奈良国立博物館
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50
奈良県
主催者名 奈良国立博物館
お問い合わせ 奈良国立博物館
05055425600
カテゴリ beyond2020 その他
外国語対応 英語, 中国語, 韓国語

カテゴリー

  • 近畿
  • beyond2020
  • その他
  • テーマ
  • 場所
  • 楽しみ方