育成×手話×芸術プロジェクト 映画教養連続講座「映画の歴史について、カメラを通じて世界を知る」

映画を通して世界を視る。それってどんなことなんだろう。
カンヌ映画祭で「ある視点」部門審査賞を受賞した『淵に立つ』、現在公開中の『海を駆ける』を監督した鬼才の深田晃司映画監督に、3回にわたって映画を語っていただきます。

「育成×手話×芸術」とは、文化庁の戦略的芸術文化創造推進事業<共生社会実現のための芸術文化活動の推進>を受託して、ろう者・難聴者の表現者もしくは表現活動に関心を有する方々に多様な学びの場を提供し、スキルアップに重点をおいた育成事業を中心に展開するプロジェクトです。トット基金を母体に日本ろう者劇団、東京ろう映画祭実行委員会、美術に関わる方が協働しあい、演劇・映画・美術それぞれの部門で後継者を育成することを目的としています。

イベント名 育成×手話×芸術プロジェクト 映画教養連続講座「映画の歴史について、カメラを通じて世界を知る」
期日 第1回 2018年12月27日(木) 19:00~22:00
第2回 2019年 1月10日(木) 19:00~22:00
第3回 2019年 2月16日(土) 13:00~19:00
場所 トット文化館
〒141-0033 東京都品川区西品川2-2-16
東京都
出演者・アーティスト情報 講師:深田晃司(映画監督)
料金 参加費:4,000円 (全回分)
主催者名 主催:育成×手話×芸術(社会福祉法人トット基金)
協力:Shamrock Records 株式会社(音声認識アプリ「UDトーク」開発会社)
お問い合わせ https://goo.gl/forms/iFUVhpRUWgHbt6ly2
staff.tdf.tokyo@gmail.com
https://www.tdf.tokyo/event-workshop
カテゴリ beyond2020 講座
バリアフリー対応 手話
備考 対象者:映画に関心がある方(基本的に全回参加できる方)
定員:25名(申し込み先着順)
※但しろう者・難聴者、及びろう者・難聴者と共に映画製作に関わる聴者を優先とさせていただきます。

第1次 受付締切:2018年12月15日(土)
第2次 受付締切 : 定員達し次第

カテゴリー

  • 関東
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 注目
  • 講座