ドイツへ感謝を表すポスター

本町は、平成30年4月3日にドイツ連邦共和国を相手国として東京オリンピック・パラリンピック競技大会に係る「復興『ありがとう』ホストタウン」に登録されたことに伴い、その取組みの一環として、ポスター制作に取り組むこととした。ポスター制作を担当するのは地元の中高生6名で、10月までポスター制作講座を受講しながら取材・撮影のスキルを学び、5月には、雫石町国際交流協会の事業でドイツの中高生が来日したのに合わせ、雫石町内及び山田町での交流事業を展開した。このドイツ学生との交流時には、同時通訳のできる機材を取り入れ、言葉の壁をなくすことで学生同士の交流を深めた。また、雫石町内に住むドイツ人の大学非常勤講師、10月にはドイツのパラアスリートであるハインリッヒ・ポポフ選手に取材を実施し、その成果をポスターにまとめ、震災時に支援していただいたドイツへの感謝の気持ちと復興状況の発信、大会機運の醸成を図ることを目的としている。そのポスターには外国語も表記しており、ドイツへの感謝の気持ちを表しドイツの学生に送る予定である。

イベント名 ドイツへ感謝を表すポスター
期日 2018年5月25日(金)~2019年3月15日(金)
場所 雫石町中央公民館
〒020-0555 岩手県岩手郡雫石町上曽根田114
岩手県
主催者名 雫石町役場
お問い合わせ 雫石町役場
0196924181
カテゴリ beyond2020 その他
外国語対応 英語

カテゴリー

  • 北海道・東北
  • beyond2020
  • その他
  • テーマ
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了