山陽新聞創刊140周年・岡山県立美術館開館30周年 江戸の奇跡・明治の輝きー日本絵画の200年

明治維新を挟んだ江戸時代後期と明治時代の200年は、日本絵画史においても大きく変動した時期です。画風が多岐にわたり、画家を応援する支持層も拡大し、大衆化して驚くばかりの変貌を遂げました。第1部では、池大雅・円山応挙・長澤芦雪・伊藤若冲・司馬江漢ら江戸後期のトップランナーたち、第2部では狩野芳崖・橋本雅邦・横山大観・下村観山・菱田春草ら激動の明治にあってひと際光彩放った日本画家たちの作品群を展観します。

イベント名 山陽新聞創刊140周年・岡山県立美術館開館30周年 江戸の奇跡・明治の輝きー日本絵画の200年
期日 2019/3/15(金)~2019/4/21(日)
場所 岡山県立美術館
〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8-48
岡山県
主催者名 岡山県立美術館
お問い合わせ 岡山県立美術館
086-225-4800
カテゴリ beyond2020 展覧会
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 中国・四国
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了