シンクロニシティ -宮津大輔コレクション × 笠間日動美術館 響き合う近・現代美術-

現代アートコレクターとして名を馳せる宮津大輔氏は、幼いころからの美術好きが講じて現代アート作品の蒐集をはじめられ、現在、そのコレクションは400点にのぼります。一方、笠間日動美術館は、1972年の開館以来、洋画作品を中心に蒐集を続け、その公開により多くの人々の眼を楽しませてきました。そこから、近・現代美術の作品間に時代や国・地域を超えて見出せる共通点を切り口として両コレクションを組み合わせるという、新たな視点を持った今回の企画展を企画しました。19世紀から現在までに創作された多種多様な作品を見比べていただき、美術の持つ大いなる可能性とコレクションに込められた豊かな思い、そして、世界の美術作品だけでなく日本の美術作品の素晴らしさを感じていただくことを柱としています。また、当館は障害者用駐車場が入口近くにあるのに加え、エレベーターとスロープを使って全ての展示エリアを見ることが出来ます。加えて、外国人向けに、日本語版だけでなく英語版のパネル類を作成したり、日本語の作品名を英訳してキャプションに併記する予定です。

イベント名 シンクロニシティ -宮津大輔コレクション × 笠間日動美術館 響き合う近・現代美術-
期日 2019/3/23(土)~2019/5/19(日)
場所 笠間日動美術館
〒309-1611 茨城県笠間市笠間978-4
茨城県
主催者名 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
お問い合わせ 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
0296-72-2160
http://www.nichido-museum.or.jp
カテゴリ beyond2020 展覧会
外国語対応 英語
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 関東
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了