宮脇檀 手が考える 建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都

本展覧会は、一昨年の夏に東京都内で開催された「宮脇檀 手が考える」ドローイング展の巡回展です。京都展では、新たに、東京藝術大学卒業設計(1959年)とデザイン・サーベイで最初に手がけた倉敷の町並み調査(1966年)の原図を加え、代表的な住宅作品5点を模型にして展示します。宮脇檀の幅広い活動を通して、建築と町づくりに込めたその思いを伝えたいと思います。

イベント名 宮脇檀 手が考える 建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都
期日 2019年3月18日~2019年5月11日 午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:日曜日・祝日
場所 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
〒606-8585 京都府京都市左京区松ヶ崎御所海道町
京都府
料金 入館料:無料
主催者名 主催:特定非営利活動法人 建築文化継承機構(JIA-KIT 建築アーカイブス)
共催:金沢工業大学
巡回特別共催:京都工芸繊維大学・京都工芸繊維大学美術工芸資料館
協力:宮脇檀建築研究室・宮脇 彩
後援:公益社団法人 日本建築家協会・一般社団法人 日本建築学会
お問い合わせ 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
075-724-7924
http://www.museum.kit.ac.jp/
カテゴリ 展覧会
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了