横浜開港160年 横浜浮世絵

共同通信

2019年は横浜開港から160年となります。これまで横浜では折に触れ、開港当時を振り返ってきました。当時の人々の関心に応えるべく出版された「横浜浮世絵」は開港当時を物語る資料の一つです。「横浜浮世絵」とは開港をきっかけとして新しく造られていった横浜の街、来日した外国人たちの自分たちとは異なる容姿や生活を描いた浮世絵にはじまり、明治期に、さらに洋風に整備されていった街や鉄道などを描いて出版された一連の作品群を指します。描かれた表現がすべて事実というわけではありませんが、当時の人々の旺盛な好奇心に応えて描かれた表現は、国際都市横浜のイメージの原点といえます。

この展覧会では開港160年を機に神奈川県立歴史博物館と川崎・砂子の里資料館の所蔵作品を中心に横浜浮世絵を紹介します。当館において横浜浮世絵の特別展は20年ぶりの開催です。約330点の作品を前期、後期で入れ替えて、「横浜浮世絵」の全容をご覧いただきます。さらに開港の場であった横浜の歴史を後世に伝えようとする二人のコレクター、当館の丹波恒夫と川崎・砂子の里資料館の斎藤文夫の心意気をも感じ取っていただければ幸いです。

イベント名 横浜開港160年 横浜浮世絵
期日 会期:2019年4月27日(土)~6月23日(日) 【前期】2019年4月27日(土)~5月26日(日)【後期】2019年5月30日(木)~6月23日(日)※5月28日(火)、5月29日(水)は展示替えのため、本展はご覧いただけません。 休館日:月曜日(4月29日と5月6日は開館) 開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
場所 神奈川県立歴史博物館
〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
神奈川県
料金 一般:700円(600円)/20歳未満・学生:500円(400円)/65歳以上:200円(150円)/高校生100円 ※小中学生・障害者手帳をお持ちの方は無料 ※括弧内は20名以上の団体割引 ※前期観覧券半券ご持参の方は、後期割引あり ※神奈川県立博物館等の有料観覧券の半券提示による割引制度あり
主催者名 神奈川県立歴史博物館、公益社団法人川崎・砂子の里資料館
お問い合わせ 神奈川県立歴史博物館 企画普及課
045-201-0926
kouhou@kanagawa-museum.jp
http://ch.kanagawa-museum.jp/exhibition/3754
カテゴリ 展覧会
備考 みなとみらい線「馬車道駅」3・5番出口 徒歩1分(5番出口にエスカレータがあります) 横浜市営地下鉄「関内駅」9番出口 徒歩5分
JR「桜木町駅」、「関内駅」 徒歩8分 ※駐車場はありません。

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 注目