日本・台湾 文化交流プログラム

本活動は、日本と台湾の相互文化交流に基づく成果作品を、展覧会によって広く社会に発表するものである。2018年11月大阪成蹊大学芸術学部講師が台湾において、日本文化(テーマ「素_plain」)のレクチャーと日用品デザインのワークショップを行なった。2019年4月には国立台湾工芸研究発展中心教員による台湾文化(テーマ「混_mix」)のレクチャーと木工芸ワークショップを日本にて開催予定。互いの文化交流の後、双方教育機関において学生による「ものづくり」(家具、日用品、木工品、陶器など)が行われる。
ワークショップを通した「ものづくり」では、言語の壁を越えたコミュニケーションが行われ、互いの文化を深く理解しながら作品を作り上げる。回廊期間前半は、中国語ができる台湾人スタッフを配置する。

イベント名 日本・台湾 文化交流プログラム
期日 2019年7月12日(金)~2019年7月26日(金)
場所 IRORIMURA[89]画廊 展示室2+3 大阪府
主催者名 大阪成蹊大学芸術学部 国立台湾工芸研究発展中心
お問い合わせ 大阪成蹊大学芸術学部 国立台湾工芸研究発展中心
0668292630
カテゴリ beyond2020 その他 ワークショップ
外国語対応 英語

カテゴリー

  • 近畿
  • beyond2020
  • その他
  • テーマ
  • ワークショップ
  • 場所
  • 楽しみ方