オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World『トゥーランドット』

「オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World」は、東京文化会館と新国立劇場が、2020年にむけて初めて共同制作を行い、日本を代表する各地の劇場と連携して2年に渡り展開する国際的なオペラプロジェクトです。
2019年は、アジア(中国)が舞台となる「トゥーランドット」(プッチーニ作曲)を上演。スペインの演出家集団で、バルセロナオリンピック開会式の演出を手がけたラ・フーラ・デルス・バウスの芸術監督であるアレックス・オリエが演出します。また、本プロジェクトを発案した指揮者大野和士が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が24年ぶりに来日し、オーケストラピットに入ることも大きな話題と言えます。
日本オペラ界が総力を挙げて創り挙げるプッチーニ最後の大作をお見逃しなく!

イベント名 オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World『トゥーランドット』
期日 2019年
7月12日(金) 18:30開演(17:45開場)
7月13日(土) 14:00開演(13:15開場)
7月14日(日) 14:00開演(13:15開場)
場所 東京文化会館 東京都
出演者・アーティスト情報 指揮・総合プロデュース:大野和士
演出:アレックス・オリエ

[7月12日/14日]
トゥーランドット:イレーネ・テオリン
カラフ:テオドール・イリンカイ
リュー:中村恵理
ティムール:リッカルド・ザネッラート
アルトゥム皇帝:持木弘
ピン:桝貴志
パン:与儀巧
ポン:村上敏明
官吏:豊嶋祐壹

[7月13日]
トゥーランドット:ジェニファー・ウィルソン
カラフ:デヴィッド・ポメロイ
リュー:砂川涼子
ティムール:妻屋秀和
アルトゥム皇帝:持木弘
ピン:森口賢二
パン:秋谷直之
ポン:糸賀修平
官吏:成田眞

合唱:新国立劇場合唱団、藤原歌劇団合唱部、びわ湖ホール声楽アンサンブル
児童合唱:TOKYO FM少年合唱団
管弦楽:バルセロナ交響楽団
料金 SS席32,400円 S席27,000円 A席22,680円 B席18,360円 C席14,040円 D席9,720円 E席5,400円 F席3,240円 25歳以下席3,240円
※25歳以下席は東京文化会館チケットサービス(電話・窓口)のみ取扱い。要証明書。
※ハンディキャップ割引あり(SS席~A席)。詳細は東京文化会館チケットサービスまでお問合せください。
※車椅子席(A席のみ)をご希望のお客様は東京文化会館チケットサービスまでお問合せください。
主催者名 制作:東京文化会館/新国立劇場
主催:東京都・東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:公益財団法人日本オペラ振興会(藤原歌劇団)
お問い合わせ 東京文化会館チケットサービス
03-5685-0650
https://www.t-bunka.jp/stage/1747/
カテゴリ 公演
バリアフリー対応 車椅子
備考 ※都合により内容が変更となる場合がございますのでご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※東京文化会館大ホールには、エレベーター、エスカレーターはございません。予めご了承ください。
※託児サービス(要予約・有料・定員あり・7/5(金)17時締切)があります。イベント託児・マザーズ:0120-788-222

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了