シンポジウム 世界文化遺産へのあゆみ 百舌鳥・古市古墳群と関西大学

百舌鳥・古市古墳群は、堺市の「百舌鳥」、羽曳野市・藤井寺市の「古市」の二つのエリアに、4世紀後半から6世紀前半にかけて築造された巨大な王墓を含む古墳群です。その本格的な学術的研究は、1950年ころから関西大学名誉教授末永雅雄によって始められ、本学考古学研究室が重要な調査を手がけてきました。今回の世界文化遺産登録には本学の学術研究成果が深く寄与しているといえます。
 関西大学と堺市の連携協定を踏まえ、この学術的縁故の記憶を新たにし、さらに最新の研究成果とその価値を明らかにするシンポジウムを開催いたします。

イベント名 シンポジウム 世界文化遺産へのあゆみ 百舌鳥・古市古墳群と関西大学
期日 2019年7月15日(月:祝日)午後1時30分~午後5時(午後1時開場)
場所 関西大学百周年記念会館 大阪府吹田市山手町3-3-35 阪急千里線関大前駅南改札東口徒歩5分 大阪府
出演者・アーティスト情報 Ⅰ部(13:30~15:40) 講演
宮内庁書陵部陵墓調査官     徳田誠志「仁徳天皇陵の保全とその調査」
堺市世界文化遺産推進室主幹   十河良和「百舌鳥・古市古墳群 世界文化遺産へのあゆみ」
堺市博物館学芸課主査      海邉博史
「百舌鳥古墳群における巨大古墳の調査成果-ニサンザイ古墳と御廟山古墳-」

Ⅱ部(15:50~17:00) シンポジウム
宮内庁書陵部陵墓調査官      徳田誠志
堺市世界文化遺産推進室主幹    十河良和
堺市博物館学芸課主査       海邉博史
藤井寺市教育委員会教育部長    山田幸弘
山口大学人文学部教授       田中晋作
関西大学文学部教授・博物館長   米田文孝
司会 関西大学文学部准教授       井上主税
料金 参加費:無料
主催者名 共催:関西大学 堺市
お問い合わせ 関西大学博物館 大阪府吹田市山手町3-3-35
06-6368-1171
hakubutsukan@ml.kandai.jp
http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/info/detail.php?i=305
カテゴリ シンポジウム
備考 自家用車でのご来学はご遠慮ください。

カテゴリー

  • 近畿
  • シンポジウム
  • テーマ
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 注目