共同制作オペラ ヴェルディ歌劇「ラ・トラヴィアータ」金沢公演

ヴェルディの最高傑作のひとつでもある、『ラ・トラヴィアータ』をオペラ初挑戦となる演出家による新たな視点でアプローチすることで本来の意味での”新演出”による創造発信を行うことを目的とする。ドラマ性の追求という観点で聴衆に違和感を感じさせないような演出上の設定を試みる(日本人が西洋人の役を無理に演じることがないよう)。日本を代表する若手、中堅歌手と共に地元で選抜する合唱団と地元のオーケストラ、スタッフが一体となり、地域における芸術文化機会を創出し、ハイクオリティな日本ならではのオペラを制作する。運営面では各種バリアフリー化、多言語化に取り組み、障害者を含む、不特定多数の国民、外国人が来場しやすい環境整備にチャレンジすることで劇場法の精神に則り、公演を通じて、地域に開かれた劇場としての役割を果たしていく。(聴覚障害者向け聴覚補助システムの運用、外国人向け英語字幕の運用)

イベント名 共同制作オペラ ヴェルディ歌劇「ラ・トラヴィアータ」金沢公演
期日 2020年2月16日(日)~2020年2月16日(日)
場所 金沢歌劇座
〒920-0993 石川県金沢市下本多町6番丁27番地
石川県
主催者名 公益財団法人 金沢芸術創造財団(他、各地の共同制作団体として 白河文化交流館コミネス、東京
お問い合わせ 公益財団法人 金沢芸術創造財団(他、各地の共同制作団体として 白河文化交流館コミネス、東京
0762239898
http://www.kanazawa-arts.or.jp/
カテゴリ beyond2020 公演
外国語対応 英語
外国人向け英語字幕の運用
バリアフリー対応 車椅子
想定する入場者数 500~1000

カテゴリー

  • 中部
  • beyond2020
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了