日本橋オペラ2020〜歌劇「お菊さん」日本初演

1885年(明治18年)フランス海軍士官ピエール・ロチは長崎に滞在、日本人妻と過ごした体験を基に、小説「マダム・クリザンテーム(お菊さん)」を発表。メサジェがこの小説を基に同名のオペラを作曲。歌劇「お菊さん」の最後の上演は1920年ニューヨークで、三浦環主演。名作歌劇「蝶々夫人」の先行作品。オペラの舞台は明治の長崎。配役には多数の日本人が登場する他、新古今和歌集や南無阿弥陀仏などの日本文化が挿入されている。本公演が歴史的日本初演、また世界的にも100年ぶりの蘇演となる予定。会場はバリアフリー対応。日本語歌唱で、日本語・英語の同時字幕を行うことにより、外国人、聴覚障害者、視覚障害者の方もオペラを楽しむことが出来る。

イベント名 日本橋オペラ2020〜歌劇「お菊さん」日本初演
期日 2020年5月31日(日)~2020年5月31日(日)
場所 日本橋劇場(中央区立日本橋公会堂)
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目31−1
東京都
主催者名 日本橋オペラ研究会
お問い合わせ 日本橋オペラ研究会
0453496540
https://www.music-tel.com/NihonbashiOpera/index.html
カテゴリ beyond2020 公演
外国語対応 英語
日本語・英語の同時字幕
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 関東
  • beyond2020
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方