第二十九回 博多をどり

『博多をどり』とは、東京新橋の「東をどり」、京都祇園の「都をどり」と並ぶ日本の伝統的な芸能の一つです。博多伝統芸能振興会が昭和61年以降途絶えていた「博多をどり」を平成3年に復活させ、今回で29回目を迎えることとなりました。

芸どころ博多の伝統芸能の重要な担い手である博多券番の芸妓衆が総出演し、たくさんの邦楽・邦舞が披露され、艶やかに舞台を彩ります。

なお、会場となる博多座は、ハートビル法認定建築物の指定を受けており、お年寄りや体の不自由な方が円滑に利用できるよう対応がなされています。また、多言語対応のHP等により、外国人向けの情報発信を行っています。

イベント名 第二十九回 博多をどり
期日 2019年12月7日(土)
【時間】《第一部》11:00~ 《第二部》13:30~ 《第三部》16:00~
場所 博多座
〒812-8615 福岡県福岡市博多区下川端町2-1
福岡県
料金 【料金】S席 7,000円 A席 4,000円 B席 2,000円
主催者名 博多伝統芸能振興会
お問い合わせ 博多伝統芸能振興会
0924411118
https://www.fukunet.or.jp/area/hakatawodori/
カテゴリ beyond2020 公演

カテゴリー

  • 九州・沖縄
  • beyond2020
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 注目