ICOM京都2019関連特集展示「中世末期の京~洛中洛外図屏風の世界を掘る」(京都・大学ミュージアム連携+による「京都の伝統」発信プロジェクト)

ハリス理化学館同志社ギャラリーでは、16世紀に描かれた歴博甲本洛中洛外図屏風(複製品)と遺跡からの出土品を展示します。屏風に描かれた中世末の京都を、実際にそこで使われた品々ともに感じてください。伝統絵画についての京都大学総合博物館と連携展示から、「大学の町・京都」という側面が皆さんに伝われば幸いです。

イベント名 ICOM京都2019関連特集展示「中世末期の京~洛中洛外図屏風の世界を掘る」(京都・大学ミュージアム連携+による「京都の伝統」発信プロジェクト)
期日 2019-08-31~2019-09-29日・月曜日
場所 同志社大学ハリス理化学館同志社ギャラリー京都市上京区今出川通烏丸東入不明 京都府
主催者名 同志社大学歴史資料館
お問い合わせ 同志社大学歴史資料館
075-251-2716(ギャラリー事務室)、0774-65-7255(歴史資料館事務室)
カテゴリ beyond2020 展覧会

カテゴリー

  • 近畿
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了