1970年の音を聴く 2台のピアノと電子音響のための シュトックハウゼン「マントラ」

1970年の日本万国博覧会での演奏のために来日した20世紀最大のドイツ人作曲家シュトックハウゼンがドイツ館での連日の演奏のさなかに構想した代表作の一つ「マントラ」。超絶技巧のピアノパートの演奏に加え、打楽器を鳴らし、電子音を同時に操作する難曲で、実演には膨大なリハーサルを要し、日本で演奏される機会は稀でした。作曲から50年を経て関西初演となります。
コンサートの案内チラシ、パンフレットは英語も記載し、外国の方にも広く案内します。
コンサートの当日は、英語の話せるスタッフが常駐いたします。
演奏は、浦壁信二(ピアノ)、大井浩明(ピアノ)、有馬純寿(電子音響)。
演奏曲:
シュトックハウゼン:2台のピアノと電子音響のための「マントラ」(1970)
モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調K.448 (1781)
西村朗:2台のピアノのための「波うつ鏡」(1985)

イベント名 1970年の音を聴く 2台のピアノと電子音響のための シュトックハウゼン「マントラ」
期日 2021年1月9日(土)
場所 芦屋市民センター 兵庫県
料金
主催者名 芦屋市・芦屋市教育委員会
お問い合わせ 芦屋市民センター 業務受託事業者 河内厚郎事務所
0797350700
http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/20200201_mantora.html
カテゴリ beyond2020 beyond2020(内閣官房) 公演
外国語対応 英語

カテゴリー

  • 近畿
  • beyond2020
  • beyond2020(内閣官房)
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方