2020年度 県民協働企画事業                                           万葉の響 瑞-Zui コンサート ~若手作曲家 河副功 伊藤慶祐とともに~

滋賀県立文化産業交流会館では、県内の文化・芸術振興を図るためさまざまな事業を展開する中で、協働企画型の事業として県民から一般公募した企画事業を実施している。今年度は、和と洋に棲み分けをした2事業が選定され下記のとおり開催いたします。まず第1弾として、日本と中国の両方で「幸福の兆し」という意味合いを持つ「瑞(ずい)」という漢字に由来した国際的で多様性を併せ持つコラボトリオ「瑞」が日本に現存する最古の和歌集かつ滋賀にゆかりのある「万葉集」をテーマに掲げ、オリジナルを作曲し、最高のテクニックで演奏をお届けします。また、若手作曲家、舞台や衣裳等の企画全般にわたり滋賀県にゆかりのある専門家に関わっていただき、文化・芸術の多様性を表現しながら音楽と草木染による万葉衣裳が融合する総合芸術としての舞台の創造も目的としている。会場は、障害者の方に対して、通路は段差がなく、スロープ状で歩きやすい構造になっており、車椅子の方に対しても、最前列の座席が取り外し、車椅子席に変更し、介添え者と一緒に鑑賞することが可能です。
出演:< 瑞 > Flute:田 呈媛 、Violin,Viola:藪 野 巨倫、 箏・十七絃:麻植 理恵子   作曲 伊藤 慶佑、河副 功
演奏曲目:第一部:瑞の魅力 ①中国音紀行Ⅱ/伊藤 慶佑(編曲)協奏的二重奏曲 、②ヴィルヘルム・ベルンハルト・モーリック 譚 歌/水野 利彦
第二部:万葉の響 ①霍公鳥未喧 (世界初演) /伊藤 慶佑 万葉集組曲 「 曙の嶺」(世界初演)/河副 功-i, 箏のための(短詠)~梅花の歌序文を基と し た~-ⅱ,三重奏のための 〈 近江の万葉)

イベント名 2020年度 県民協働企画事業                                           万葉の響 瑞-Zui コンサート ~若手作曲家 河副功 伊藤慶祐とともに~
期日 2021/3/7(日)~2021/3/7(日)
場所 滋賀県立文化産業交流会館
〒521-0016 滋賀県米原市下多良2丁目137
滋賀県
主催者名 滋賀県立文化産業交流会館 麻植美弥子
お問い合わせ 滋賀県立文化産業交流会館 麻植美弥子
0749-52-5111
https://www.s-bunsan.jp/
カテゴリ beyond2020 beyond2020(内閣官房) 公演
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 近畿
  • beyond2020
  • beyond2020(内閣官房)
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了