新国立劇場 演劇研修所修了公演「マニラ瑞穂記」

2018年入所の第14期生が、朗読劇+ダンス『オズマ隊長』、試演会『尺には尺を』の公演を経て、最終公演に臨みます。作品は、秋元松代作『マニラ瑞穂記』。明治半ば、独立運動に揺れるフィリピン・マニラに理想の世界を求めて旅立ちながら、時代に翻弄される日本人の生き様を鋭く描いた戯曲です。第4期生試演会にて、当時の所長の栗山民也氏演出で公演し、その後、2013/2014シーズンの新国立劇場演劇公演でも上演されました。今回は新たに宮田慶子演劇研修所長の演出でお贈りいたします。研修生活3年間の集大成となる14期生の修了公演にご期待ください。

イベント名 新国立劇場 演劇研修所修了公演「マニラ瑞穂記」
期日 2021年2月19日(金)~24日(水)
場所 新国立劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目1番1号
東京都
料金 有料
主催者名 文化庁、新国立劇場
お問い合わせ 新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999
お問合せの際は、上記電話番号にご連絡ください。
イベント情報:https://www.nntt.jac.go.jp/play/dramastudio_manila_2021/
イベント情報:https://www.nntt.jac.go.jp/english/productions/drama/nnt-drama-studio-measure-for-measure-1.html
カテゴリ beyond2020 公演
外国語対応 英語
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 関東
  • beyond2020
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了