第3展示室 特集展示「桜の意匠」

花見の風習が庶民にまで広まったのは、江戸時代になってからといわれる。現代同様、江戸の人々も花見を楽しんでいたが、現代とは違った点もあった。本展示では、園芸、意匠、花見といった視点から、近世における人と桜との関わりを見ていく。園芸ではどのような品種の桜を観賞していたのかを、意匠では桜をモティーフとした美術工芸品から桜にまつわるイメージを、花見では錦絵などで江戸における桜の花見の名所を紹介する。

イベント名 第3展示室 特集展示「桜の意匠」
期日 2021年3月16日(火)~4月11日(日)、月曜日休館(休日の場合は開館し、翌平日休館)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所 国立歴史民俗博物館
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
千葉県
料金 一般600円、大学生250円、高校生以下無料
主催者名 国立歴史民俗博物館
お問い合わせ ハローダイヤル
050-5541-8600
koho@ml.rekihaku.ac.jp
https://www.rekihaku.ac.jp
カテゴリ 展覧会
外国語対応 なし
バリアフリー対応 車椅子
備考 マスクの着用・手指消毒・検温・入館者確認票の記入をお願いしております。
2022年3月まで第一駐車場を改修工事中です。

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了