【終了】2/1-12 さっぽろ雪まつり 大小の雪氷像を見て雪と遊ぶ3会場

共同通信

1950(昭和25)年に地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に展示して始まったさっぽろ雪まつりは、今では国内外から約200万人以上が訪れる札幌の冬の一大イベントとなりました。大通公園では1~12丁目の約1.5kmに渡り大小さまざまな雪氷像が並び、日没から22時までライトアップ。11丁目の国際雪像コンクールには世界各国のチームが参加し、会期中に制作過程も見る事ができます。つどーむ会場では巨大なすべり台や雪と触れ合えるイベントが行われ、すすきの会場では氷彫刻コンクールやライトアップ、アイスバーを楽しめます。【入場無料】

①大通会場:2017年2月6日(月)〜12日(日)
札幌の都心を東西に横切る大通公園において展開される、約1.5キロメートルの雪と氷のドラマ。真っ白い雪と透き通る氷だけによって創り出された芸術品は、制作者の思いをのせて観客の皆さんにきっと何かを伝えます。この大きさでこれだけ精巧に表現できるのが「さっぽろ雪まつり」最大の魅力です!!会場は大雪像から市民雪像、そして国際色豊かな雪像などバラエティに富んだ雪像やイベントが盛りだくさんです。

②すすきの会場:2017年2月6日(月)〜12日(日)
「氷を見る」から「氷を楽しむ」をテーマに、大・中の氷彫刻や氷彫刻コンクール作品などの幻想的な氷像を展示します。また、氷像に触れる、乗れるなどのふれあい広場、撮影スポットとしてのイルミネーションストリート のほかアイスバーを設置して温かい飲物などを提供します。

③つどーむ会場:2017年2月1日(水)~12日(日)
第2会場としてすっかり定着したつどーむ会場。すべり台やスノーラフトなど、子供から大人までが北海道の自然の中で雪とふれあうことができるのがこの会場のコンセプト。つどーむ施設内の屋内スペースでは、大規模な休憩所や飲食ブース、お子さんが遊べるファミリー広場など遊びがいっぱい。冬の北海道の魅力を存分に楽しめる会場です。
※一般車両用の駐車場は設置しません。会場へは、公共交通機関やシャトルバスでご来場ください。

イベント名 【終了】2/1-12 さっぽろ雪まつり
主題 大小の雪氷像を見て雪と遊ぶ3会場
期日 大通会場、つどーむ会場:2017年2月1日(水)~12日(日)
すすきの会場:2017年2月6日(月)〜12日(日)
場所 ①大通会場:大通公園西1丁目~西12丁目
②すすきの会場:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
③つどーむ会場:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム(愛称:つどーむ) 札幌市東区栄町885番地1
北海道
お問い合わせ さっぽろ雪まつり実行委員会
011-281-6400
http://www.snowfes.com/index.html
カテゴリ

カテゴリー

  • 北海道・東北
  • beyond60
  • テーマ
  • 北海道
  • 友達同士
  • 国際
  • 土日祝日
  • 場所
  • 夜間
  • 家族向け
  • 楽しみ方
  • 無料
  • 産業
  • 終了
  • 芸術