第657回大槻能楽堂自主公演能ナイトシアター改築35周年記念 特別公演

大改築後、今年で35周年となる大槻能楽堂。これを記念し、特別公演を開催します。
狂言「二人袴」では、一腰しかない礼装の長袴を巡る息子・父親・舅の微笑ましい攻防を、野村万作(文化功労者・人間国宝)に子息・萬斎、孫・裕基という親子三代の共演でお送りします。
能「恋重荷」は、シテ・梅若実、地頭・大槻文藏、小鼓・大倉源次郎、太鼓・三島元太郎と、四人の人間国宝を揃えます。
世阿弥が自著『三道』に応永年間の自信作として挙げながらも後に上演が途絶え、江戸時代に復活された『恋重荷』。恋する菊守の老人・山科荘司に課せられた重荷。古演出の先駆者である梅若実がいかなる演出を試みるか、お楽しみに。

イベント名 第657回大槻能楽堂自主公演能ナイトシアター改築35周年記念 特別公演
期日 2018年11月1日木曜日午後7時開演
場所 大槻能楽堂
大阪市中央区上町A-7
大阪府
出演者・アーティスト情報 野村万作・野村萬斎・野村裕基、梅若実・大槻文藏・大倉源次郎・三島元太郎
料金 全席指定。前売/S席8600円・A席7000円・B席5900円・学生4300円。当日/S席9600円・A席8000円・B席6900円・学生5300円。
発売日 大槻能楽堂サポートクラブ8/21、友の会8/26、一般9/1より。
大槻能楽堂事務局及び大槻能楽堂ホームページなどで販売(詳しくはチラシ等)
主催者名 公益財団法人大槻能楽堂
お問い合わせ 大槻能楽堂事務局
06-6761-8055
info@noh-kyogen.com
www.noh-kyogen.com
カテゴリ 公演
外国語対応 日本語と英語による音声解説あり
備考 駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 公演
  • 場所
  • 楽しみ方
  • 終了