第3展示室 特集展示 「もの」からみる近世 「伝統の朝顔」

本年はくらしの植物苑の特別企画「伝統の朝顔」が20周年を迎えたことを記念して、館蔵品の中から、朝顔に関する図譜や園芸書、美術工芸品を選び、近世・近代における朝顔にまつわる文化を紹介。『園芸文化としての朝顔の育成のブーム』と『デザインやイメージとして人々にうけとめられた朝顔』という2つのテーマで展示します。
変化朝顔の第一次ブーム(文化・文政期)に江戸で最初に刊行された朝顔図譜「あさがほ叢」や19世紀にオランダ人の注文によってヨーロッパ向けに輸出された漆器「朝顔花鳥螺鈿ゲーム箱」など約45点展示

イベント名 第3展示室 特集展示 「もの」からみる近世 「伝統の朝顔」
期日 2019年7月30日~9月8日。9時30分~17時30分。最終入館は閉館30分前まで
※毎週月曜日休館(月曜が休日の場合は開館し、翌日休館。ただし8/13は臨時開館)
場所 国立歴史民俗博物館
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
千葉県
料金 一般600(350)円/大学生250(200)円/高校生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
主催者名 国立歴史民俗博物館
お問い合わせ ハローダイヤル
03-5777-8600
https://www.rekihaku.ac.jp
カテゴリ 展覧会
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了