立体パノラマ絵草紙「おさき玉城恋の八橋」、関連企画

当市の長い歴史の中で保存・継承された当地の特色ある文化に着目し、これらを更に保存・継承・発展させる。そして、諸活動を通して市民のシビックプライドを形成し、豊かな市民生活に寄与することを目指す。知立市八橋町にある、在原寺や無量壽寺を再興した文人、「八橋売茶翁」が知立にもたらしたとされる琉球古楽器「長線」と、2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」の「知立の山車文楽とからくり」、これらの知立に伝承する貴重な文化資源にスポットを当てて創作する歴史ロマン。
また、パティオ池鯉鮒は、障害者専用駐車場や多目的トイレ、会場には車椅子席を設置しており、障がいのある方の鑑賞に備えている。

イベント名 立体パノラマ絵草紙「おさき玉城恋の八橋」、関連企画
期日 2020/6/1(月)~2020/8/23(日)
場所 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館) 愛知県
料金
主催者名 一般財団法人ちりゅう芸術創造協会
お問い合わせ 一般財団法人ちりゅう芸術創造協会
0566838100
https://www.patio-chiryu.com
カテゴリ beyond2020 展覧会
バリアフリー対応 車椅子
想定する入場者数 500~1000

カテゴリー

  • 中部
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了