願いを込めた技と美の世界 「疫病退散工芸展」

2020年、新型コロナウイルス感染拡大で社会は大きく変わり始めました。
この時代に「元気」「希望」「勇気」を持って生きていける力になれればと、博多人形、博多織、ガラス工芸などの工芸作家たちが疫病退散の願いを込めて作品を発表します。

【出展作家】
戸畑茂四郎 博多人形 伝統工芸士
小副川祐二 博多人形 伝統工芸士
国 崎 正 行 博多人形 伝統工芸士
小副川太郎 博多人形 伝統工芸士
臼 杵 康 弘 博多人形
天 平 大 雅 人形作家 日展準会員
松 本 茂 記 博多織 伝統工芸士
黒 木 国 昭 ガラス 工芸 国の現代の名工

【ワークショップで伝統工芸を体験】
「もしろうアマビエ」の絵付け体験、博多織の織り体験を開催いたします。

イベント名 願いを込めた技と美の世界 「疫病退散工芸展」
期日 2020年8月28日(金) ~ 2020年8月29日(土)
8/28(金) 10:00〜19:00
8/29(土) 10:00〜18:00
場所 警固神社 神徳殿(福岡県福岡市中央区天神2丁目2-20) 福岡県
料金 無料
※「もしろうアマビエ」の絵付け体験には、体験料1,000円がかかります
主催者名 疫病退散工芸展実行委員会
お問い合わせ 株式会社ガトー
092-986-9750
y-shiraishi@gatou.jp
https://www.gatou-dazaifu.com/special01
カテゴリ beyond2020 その他 ワークショップ 展覧会
外国語対応 英語
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 九州・沖縄
  • beyond2020
  • その他
  • テーマ
  • ワークショップ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了