産学連携によるアート・デザインを活用した価値創造プロジェクト 第2期

本展は、文化庁の助成事業「産学官連携を基盤とした文産官人材育成プラットホームの形成―アート・デザインを活用した価値創造人材育成プログラムの展開―」により開催する展覧会です。本事業では、アート・デザインを専攻する学生・大学院生が一般企業との連携によりアート・デザイン作品を制作することを通して、自らの制作と社会とのかかわりを体験し、それにより社会性のあるアーティスト、デザイナーを養成することを目的としています。
2期目となる本年度は、引き続き東洋アルミニウム株式会社にご協力をいただき、3名の大学院生がアルミ素材を使って本学美術工芸資料館の収蔵品を題材としたミュージアムグッズの試作品づくりに挑戦しました。収蔵品とともに展示をしていますので、ぜひご覧ください。

イベント名 産学連携によるアート・デザインを活用した価値創造プロジェクト 第2期
期日 2021年1月12日~2021年1月29日
場所 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
〒606-8585 京都府京都市左京区松ヶ崎御所海道町
京都府
料金 無料
主催者名 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
お問い合わせ 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
075-724-7924
shiryokan@jim.kit.ac.jp
http://univ-museum-kyoto.com/
カテゴリ 展覧会
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了