特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」

14世紀代から東アジア海域世界では活発な交易がおこなわれ、その中心となったのが海洋国家・琉球であった。琉球はその活動の過程で、八重山・宮古・奄美に侵攻し、それぞれの社会を変化させた。琉球の帝国的側面に視点を据え、八重山・宮古・奄美といった周辺地域から琉球を捉え直し、たくさんの青磁や白磁、国宝の文書や重要文化財の梵鐘など400点を超える資料から新たな歴史像を示す。

イベント名 特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」
期日 2021年3月16日(火)~5月9日(日)、月曜日休館(休日の場合は開館し、翌平日休館)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所 国立歴史民俗博物館
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
千葉県
料金 一般600円、大学生250円、高校生以下無料
主催者名 国立歴史民俗博物館
お問い合わせ ハローダイヤル
050-5541-8600
koho@ml.rekihaku.ac.jp
https://www.rekihaku.ac.jp
カテゴリ 展覧会
外国語対応 なし
バリアフリー対応 車椅子
備考 マスクの着用・手指消毒・検温・入館者確認票の記入をお願いしております。
2022年3月まで第一駐車場を改修工事中です。

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了