~元三大師・疫病退散・癒しの近江工芸~ GOKAN展

近江ゆかりのアート作家らによるオリジナルの『疫病退散祈念』の願いを込めた作品を⻄教寺様の凛とした佇まいの中で展示することにより、ご来場者様が『⾒て聞いて嗅いで味わって触れて』と、疲れた五感(GOKAN)を元気に! 『コロナ禍を乗り越える⼼』を応援させていただく催事となりますことを旨としています。

イベント名 ~元三大師・疫病退散・癒しの近江工芸~ GOKAN展
期日 令和3年 4月29日~5月6日 8日間 10~17時(受付は16時半)(最終日15時迄)
場所 天台真盛宗総本山 西教寺 滋賀県
出演者・アーティスト情報 協賛作家:寺田みのる(水彩画家)・伊原栄一(彫刻家)・小田切健一郎(木漆作家)・いといゆり(和ブリックパネル作家)・全国有名寺院高僧名僧直筆墨蹟
特別参加:内藤香林(仏画僧)
料金 無料(ただし、西教寺様入山時は拝観料500円が必要です)
主催者名 NPO法人 文華舎 代表理事 細溝高広
〒522-0069滋賀県彦根市馬場1丁目4-29 http://bunkasya.org
お問い合わせ 090-9876-2005
itoi@bunkasya.org
http://bunkasya.org
カテゴリ 展覧会
外国語対応 なし
備考 延暦寺中興の祖であり、荒廃していた西教寺を念仏道場として再興された元三大師は平安時代、京の都で疫病が蔓延していたのを憂いて、お札をもって祈願し退散させたといわれています。その元三大師(角大師)の厄除退散のお札の版木が西教寺に残されており、参拝者に授与されています。
この約一年の暗かった世相を吹き飛ばしたい。と、滋賀の歴史の中からヒントを得て、比叡の古刹西教寺の元三大師の『疫病退散』のお札に、疫病退散・コロナ禍滅却の願いを託し、この度、西教寺様の書院をお借りして、滋賀県ゆかりのアート作家が元三大師の角大師にちなみ、オリジナルの『疫病退散祈念作品』を制作・展示させていただき、暗かったこの一年のこれからを明るく、多くの皆様への希望となればと願い企画いたしました。

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了