「無頼な者の詩」(ブライナモノノウタ)玉川勝之展

玉川勝之さんはもともと伝統的な金属鍛造の職人である。しかし個展やグループ展で発表する作品には伝統工芸の醸し出す雰囲気は感じられない。制作主題は「人間表現の笑い」である。作品にはいたずらや諧謔が垣間見える。格子状の作品に打ち出された人体のパーツ、打ち出された足型やお尻。何だ これは!と思わず笑みがこぼれる作品もある。無頼な者の詩が今回の展覧会名である。発散するエロチシズム、ユーモア。理屈なんていらない、笑って楽しんで頂きたいと作者は言う。培われた技術で生まれた作品には、決めごとや縛りに捉われない自由奔放な越境者の趣がある。

イベント名 「無頼な者の詩」(ブライナモノノウタ)玉川勝之展
期日 2021年6月12日(土)~8月1日(日)10:30~18:00
場所 NSG美術館 新潟県
料金 一般300円
学生200円
高校生以下 無料
主催者名 NSG美術館
お問い合わせ NSG美術館
0253783773
http://www.nsg-artmuseum.jp/
カテゴリ beyond2020 展覧会 美術
バリアフリー対応 車椅子

カテゴリー

  • 中部
  • beyond2020
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 美術