特別展「大安寺のすべて-天平のみほとけと祈り-」

聖徳太子が推古天皇二十五年(617)に開いたとされる熊凝精舎に由来する大安寺。その創始は舒明天皇の発願による百済大寺とされ、高市大寺、大官大寺として受け継がれ、奈良時代、平城京遷都とともに左京六条・七条四坊に十五町を占める官寺筆頭の大寺となります。 菩提僊那や仏哲、道璿ら諸外国の僧が止住した国際的な仏教道場であり、立太子前の早良親王が入寺するなど、王家との関係も強固であった大安寺。1300 年の時を経て今に法灯を伝える大寺の歴史を、寺宝や記録、発掘調査成果など様々な角度から紹介します。

イベント名 特別展「大安寺のすべて-天平のみほとけと祈り-」
期日 日程  2022/4/23~6/19 
時間 9時30分~18時(4/29~5/7は19時まで)
休館日 月曜日(ただし5/2(月)は開館)
※会期、開館時間などは今後の諸事情により変更となる場合があります。 詳しくはホームページなどでご確認ください。
場所 奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50 奈良県
料金 一般 1800円、高大生 1500円、小中生 800円
主催者名 奈良国立博物館、日本経済新聞社、NHK奈良放送局、NHKエンタープライズ近畿
お問い合わせ 050-5542-8600(ハローダイヤル)
05055428600
https://www.narahaku.go.jp/
カテゴリ 展覧会
外国語対応 英語, 中国語, 韓国語
バリアフリー対応 車椅子
備考 駐車場 無し

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方