令和3年秋季企画展 やわたで愛された地域のたからもの ~つながる文化財~

このたびの展覧会では、八幡市内に伝わり、愛されてきた、古代から近代までの多彩な文化財をご紹介いたします。さらに、山形市・慈光明院に伝来する八幡名物「大願文」(山形県指定文化財)、「小願文」、また山形美術館所蔵の松花堂昭乗筆「対月図」(山形県指定文化財)を特別公開いたします。八幡の歴史を彩る小さなピースをつなぎながら、古代から近代まで、歴史をひもときながら、ひと時のタイムスリップをお楽しみいただければと思います。

イベント名 令和3年秋季企画展 やわたで愛された地域のたからもの ~つながる文化財~
期日 2021年10月23日(土)~12月5日(日)。開館時間:9時~17時。休館日:毎週月曜日。
場所 八幡市立松花堂庭園・美術館
〒614-8077 八幡市八幡女郎花43
京都府
料金 一般500円、大学生400円、18歳以下無料(大学生を除く)。
*松花堂庭園との共通券、団体割引(20名様以上)あり。
主催者名 八幡市ゆかりの文化資産活用実行委員会
お問い合わせ 八幡市立松花堂庭園・美術館
075-981-0010
https://shokado-garden-art-museum.jp/
カテゴリ 展覧会
外国語対応 英語
バリアフリー対応 車椅子
備考 駐車場あり(無料)

カテゴリー

  • 近畿
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了